イタリア政府、市民権法の改正を提案

10月 02, 2019

イタリア政府は、未成年者の市民権取得手続きに関して、現在のイタリア市民権法(1992法律第91)を改正する法案を提出しました。

 

法案が承認された場合、未成年の市民権は以下のケースに与えられることになります。

1. イタリアで生まれ、最低、親の一人がEUのいずれかの加盟国で有効な長期滞在許可証を保有している場合。

2. 12歳になる目にイタリアに移民し、最低5年間イタリアの教育システムに参加した場合。

 

なお、未成年者がイタリア市民権を取得(または再取得)するためには親との同居を証明する必要はありません

 

こちらの法案は103日に国会で議論されます。

This post was written by Mazzeschi-Asia-Desk
  • お問い合わせ

    初回コンサルティングをご希望の方は、連絡先の詳細をお知らせください。24時間以内(土/日、祝日を除く)に弊社の専門スタッフがご連絡いたします。

    フォームに記入する →
  • MAZZESCHI S.r.l. - C.F e P.IVA 01200160529 - Cap.Soc. 10.000 € I.V. - Reg. Imp. Siena 01200160529 - REA SI-128403 - Privacy Notice - Cookies Policy
    Copyright © 2019 by Mazzeschi - Web Designer Alessio Piazzini Creazione siti web Firenze
  • Mazzeschi S.r.l. Project co-financed under Tuscany POR FESR 2014-2020