イタリアの会社法と商法

Mazzeschi法律事務所はこちらで説明いたしましたプロセス全ての手続きをサポートしております

Contact us

イタリアの会社法と商法

Mazzeschi法律事務所は、イタリア国内でビジネス・ご起業なされる際に適切な法的助言と実践的なアドバイスを提供いたします。 外国の企業がイタリアでビジネスを開始する際に、弊事務所の会社法と商法専門の弁護士チームがイタリアで起業をお望みのお客様に法的助言と実質的なアドバイスを提供し、必要プロセスをスムーズに行えますようサポートいたします。会社の設立後(スタートアップの設立も含まれます)、労働許可証と滞在許可証を申請する必要がございます。こちらの手続きも行っておりますので、安心してイタリア生活を開始していただきたいと思います。 弊事務所は会社の設立だけではなく、企業活動にまつわる法的助言、契約書・法律文書などの作成 および確認、交渉、リーガルチェックなども専門としております。 さらに、住宅用または商業用・産業用のための不動産との交渉および取引のサポートも行っておりますので、イタリアで起業なされる際には全面的にお客様を支援しております。

イタリアへ進出なさる際にデューデリジェンス調査が必要な場合、イタリアの金融機関、サプライヤー、代理店などについての調査も行っております。 Mazzeschi法律事務所はこちらで説明いたしましたプロセス全ての手続きをサポートしております。

お見積りをご希望の方は、お気軽に mm@mazzeschi.it までお問い合わせください。

企業の設立と登録

海外企業がイタリアでプレゼンスを構築し確立するためのすべての法的手続きも行っております。主なサービスは、法的助言、会社設立に必要な書類制作、会社登録などです。会社を立ち上げる際のファーストステップから登録までお客様をサポートしております。 イタリアの主な企業の種類は以下の通りです。

多額の投資を行う企業にとって一般的なビジネスフォームです。登録資本金は50,000.00ユーロ以上でなければなりませんが、会社定款に様々な種類の株式を規定することができます。

会社に関する重要な決定は株主総会で承認される必要があり、株主総会は少なくとも年に1回開催され、会社の財務などを承認することになります。

イタリア国籍をお持ちでない、外国の投資家がイタリアで事業を立ち上げる際に有限責任会社またはSRLを設立することが一般的となっております。 有限責任会社を選択なされる場合、会社の債務に対しての責任が制限されております。

資本金は最低10,000.00ユーロとなっており、会社の経営や管理などがより自由に設定できます。

詳細についてはこちらをご覧ください。 >
こちらの企業形態は営利企業でありながら、利益追求だけではなく社会貢献を主な目的とし、公益と持続可能な価値の創造を目指し、社会と環境に対する影響を考慮しなければなりません。
詳細についてはこちらをご覧ください。 >

子会社は、そのすべてまたは一部の支配持分が他の会社によって保有されている会社として理解されます。

支店とは、基本的に本社と異なる拠点を持ちつつ、本社と同一の事業体とみなせれます。

イタリアでビジネスプレゼンスを確立するために海外企業が利用できる最もシンプルな企業形態です。

多くの場合、外資系企業がイタリアで支店または子会社の設立を検討している場合、まず駐在員事務所を利用し市場調査、情報収集などを行います。こちらの企業形態はいかなる種類の商取引または金融取引も実行できず、外国企業の代理店として機能できません。

詳細についてはこちらをご覧ください。 >

投資家・起業家向けの入国管理サービス

会社の設立と登録の他に各企業の目的に合わせた最適な移民・入国管理についての法的助言、そして実用的なサポートも提供しております。

革新的なスタートアップビジネスを起業する目的、又は既に設立されているスタートアップに参加される場合に適応される。(これらの企業はイタリアのスタートアップ法221/2012に定められている条件を満たさなければなりません)

詳細についてはこちらをご覧ください。 >

いくつかの例外を除いて、イタリアの法律上、EU加盟国以外の国籍者が(法人を含む)イタリアで起業し会社を所有することが可能となっています。さらに、会社・企業の資本金が十分である場合、起業後直ぐにEU加盟国以外の国籍者の高度人材スペシャリスト、マネジャーなどとすぐに雇用関係を結ぶことが可能です。

詳細についてはこちらをご覧ください。 >

EU国籍以外の国籍者向けの自営業者のビザは毎年のDecreto Flussi (自営業者の入国数を制限する法令)によります。この法令は毎年公布され、入国許可されるカテゴリーなどはその年によって異なるため、全ての自営業者用のビザが利用できない可能性があります。

詳細についてはこちらをご覧ください。 >

商業契約と交渉

海外企業がイタリアで商業活動を行う際に必要な書類作成、契約、交渉などのサポートを提供しております。また、イタリアのサプライヤー、代理店、販売店との交渉および商業上の紛争の解決について法的支援を提供しております。

海外企業がイタリアで商業活動に関連した契約及び協定の作成、見直しのサービスを提供しております。

イタリアで不動産の購入

安心して不動産取引を行っていただくために住宅用・商業用・工業用のあらゆる種類の不動産の予備交渉から終結までのサポートを提供しております。

イタリアの法律上、外国人による不動産購入は許可されています。しかし、イタリア国民に総合主義の権利を付与していない国の国籍者についてはいくつかの例外があります。

詳細についてはこちらをご覧ください。 >

予備的デューデリジェンス調査

弊事務所の専門スタッフがイタリア企業の財務状況および現在の経営状況について予備的なデューデリジェンス調査を行い、外国企業がイタリアのプロバイダー、代理店または販売業者のビジネスパートナーの実態をより理解できるようサポートいたします。

外資系企業が自社のイタリアビジネスパートナーの基本的な状況の確認のため、最新の企業登録レポート(visura ordinaria) の重要な情報を使用し、弊事務所の専門チームが各企業の事業状況の概要レポートを作成します。
各企業の過去のすべての変更を含む企業登録レポート(Visura Storica)の重要な情報を基に、会社の運営状況の要約レポートを作成します。イタリア企業のプロバイダー、代理店、販売業者などのビジネスパートナーの企業状態の確認のための重要なステップです。
外資系企業がイタリアのビジネスパートナーの財務状況の確認のため、各企業の昨年度の貸借対照表を基に会社の財務状況の要約を作成します。
  • お問い合わせ

    初回コンサルティングをご希望の方は、連絡先の詳細をお知らせください。24時間以内(土/日、祝日を除く)に弊社の専門スタッフがご連絡いたします。

    フォームに記入する →
  • Our partners:
  • MAZZESCHI S.r.l. - C.F e P.IVA 01200160529 - Cap.Soc. 10.000 € I.V. - Reg. Imp. Siena 01200160529 - REA SI-128403 - Privacy Notice - Cookies Policy
    Copyright © 2019 by Mazzeschi - Web Designer Alessio Piazzini Creazione siti web Firenze
  • Mazzeschi S.r.l. Project co-financed under Tuscany POR FESR 2014-2020