イタリアの移民法

お客様一人ひとりに適したサービスを提供し、数あるオプションからより良い解決へと導きます。

Contact Us

イタリアの移民法

Mazzeschi法律事務所は、皆様がイタリアへご入国なされる際に適切な法的助言と実践的なアドバイスを提供いたします。経験豊富なトップクラスの弁護士とマルチリンガルの移民コンサルタントの連携で、快適にイタリアでお過ごしいただけますよう、すべての必要な許可証、及び査証(ビザ)の取得サポートサービスを行っております。

労働目的の滞在許可証申請なされる場合には、まずは入国管理局で労働許可証を申請する必要があります。こちらのファーストステップから滞在許可証の取得まですべてサポートいたします。

お客様がイタリアへ到着後の手続きに必要なアポイントメントに当事務所のエキスパートが同行し適格なアドバイスを提供いたします。弊社のネットワークはイタリア全土に100人以上のローカルコンサルタントがおります。

Mazzeschi法律事務所の専門チームは米国誌 FORTUNE 500に選出された大手企業100社以上にイタリアでのビジネス展開のサポートも行っており、世界的な才能の持ち主とそのご家族に快適にイタリア生活を満喫していただけますよう支援します。

弊事務所は大手企業の支援に精通しており、厳格に会社の方針、プライバシー保護、贈収賄防止ポリシーを遵守します。

通常取扱業務 
  • イタリア移民の際に適切な法的サポート及びガイダンス
  • 必要書類収集
  • 労働許可証の申請
  • ビザ申請のサポート
  • 滞在許可証の申請
  • アポイントメント同行
その他業務
  • 翻訳と検証
  • 認証・アポスティーユ
  • 派遣労働者の届出書
  • 市役所での住民登録
  • 国民保険医療サービスの登録
  • IDカードの申請
  • 住居適正証明書

企業・法人向けサービス

お客様一人ひとりに適したサービスを提供し、数あるオプションからより良い解決へと導きます。 Mazzeschi法律事務所の専門チームは米国誌 FORTUNE 500に選出された大手企業100社以上にイタリアでのビジネス展開のサポートも行っており、世界的な才能の持ち主とそのご家族に快適にイタリア生活を満喫していただけますよう支援します。 弊事務所は大手企業の支援に精通しており、厳格に会社の方針、プライバシー保護、贈収賄防止ポリシーを遵守します。

イタリア企業(Srl, Spa)の 会長、CEO, 取締役、監査役に任命された方が対象。こちらの企業は最低3年間活動していなければならない。発給制限あり。 詳細についてはこちらをご覧ください>
ブルーカードは(イタリア移民法第27条)高度な資格を有する外国人がイタリアを拠点とする雇用主からの正式な契約をオファーされた場合に申請可能。発給制限無し。 詳細についてはこちらをご覧ください >
高度人材スペシャリスト及びシニアマネジャーなどが一時的にイタリアで労働する場合、異なった種類の労働許可証発行することが可能。これらのオプション下では労働者はイタリアの会社と雇用関係を維持する必要なし。
詳細についてはこちらをご覧ください  >

起業家・スタートアップ向けサービス

革新的なビジネス・スタートアップを起業、若しくは投資の為のプロセスを包括的で実用的なサポートを提供し、すべての必要許可証の取得もいたします。

革新的なスタートアップビジネスを起業する目的、又は既に設立されているスタートアップに参加される場合に適応される。(これらの企業はイタリアのスタートアップ法221/2012に定められている条件を満たさなければならない)
詳細についてはこちらをご覧ください >
いくつかの例外を除いて、外国人が(法人を含む)イタリアで起業し会社を所有することが可能。会社・企業の資本金が十分である場合、起業後直ぐに非EU国籍の高度人材スペシャリスト、マネージャーなどとすぐに雇用関係を結ぶことが可能であり、ある特定のローカル労働者を雇う必要はない。
詳細についてはこちらをご覧ください >
非EU国籍向けの自営業者のビザは毎年のDecreto Flussi (自営業者の入国数を制限する法令)によります。この法令は毎年公布され、入国許可されるカテゴリーなどはその年によって異なるため、全ての自営業者用のビザが利用できない可能性があります。
詳細についてはこちらをご覧ください >

投資家・富裕層向けサービス

弊事務所では投資家・富裕層の個人及びご家族の方々のイタリア移住のプロセスを包括的で実用的なサポートを提供します。退職後、イタリア移住をお考えの方々に快適にイタリアで過ごしていただく為に適格な法的サポートも行っております。

イタリアに経済的利益をもたらす投資を行う場合投資家ビザの申請が可能です。必要な投資内容は様々ですが、主にイタリアの会社/スタートアップに投資、国債購入、または公共の慈善事業に寄付、などが挙げられます。
詳細についてはこちらをご覧ください >
Elective Residence Visa (選択的滞在ビザ)を申請するには、先ずイタリアで適切な住居を持ち、最低31.000ユーロの不労所得(年間)が必要です。ERVビザを発給する際に領事館は申請者が実際に安定した不労取得を持ち、イタリア国内で働くことなく永住が可能であるか精査します。 
詳細についてはこちらをご覧ください >

その他業務

合法的にイタリアで5年間の居住後、永住許可証の申請が可能。こちらの許可証は長期滞在者用の無期限滞在許可証(Permesso di soggiorno UE per soggiornanti di lungo periodo)となります。申請を行う際に以下の要件を満たす必要がございます。
  • 年収が福利厚生手当の年間額より高い
  • 合法的にイタリアで最低5年間居住
  • 無犯罪証明書
  • A2レベルのテストを合格
  • イタリアで適切な住居を所有
イタリアは欧州連合加盟国です。欧州連合で保証されているEU市民の移動の自由の原則の下、すべてのEU市民が自由にイタリアへ入国し働くことができます。(もちろん、手続きは必要です)欧州経済領域と欧州自由貿易連合加盟国の国籍者はEU市民と同等の扱いを受けられます。
外国人がイタリアで一年間以上有効な滞在許可証を有する場合、ご家族が滞在強化証を申請することが可能です。
詳細についてはこちらをご覧ください>
就学ビザはイタリアの大学に在籍する学生、認定された学校によって開催されるコースに参加する学生、交換留学などのモビリティプログラムに参加する学生、またはインターンシップのケースなどに適用されます。就学ビザの取得者は、イタリア到着後8日以内に在留許可証(ペルメッソ ディ ソッジョルノ)を申請しなければならない。就学許可証の所有者はイタリアで最大、週20時間/年間1040時間働くことが可能。フルタイムまたは正式に働く場合、労働許可証へ変更する必要があります。(permesso di soggiorno per lavoro subordinato/autonomo)
就学許可証の所有者はイタリアで最大、週20時間/年間1040時間働くことが可能。 様々な要因にもよりますが、就学許可証から労働許可証に変更できます。 長期EU在留許可証の保有者もイタリアの労働許可証への変更が可能です。
詳細についてはこちらをご覧ください >
  • お問い合わせ

    初回コンサルティングをご希望の方は、連絡先の詳細をお知らせください。24時間以内(土/日、祝日を除く)に弊社の専門スタッフがご連絡いたします。

    フォームに記入する →
  • MAZZESCHI S.r.l. - C.F e P.IVA 01200160529 - Cap.Soc. 10.000 € I.V. - Reg. Imp. Siena 01200160529 - REA SI-128403 - Privacy Notice - Cookies Policy
    Copyright © 2019 by Mazzeschi - Web Designer Alessio Piazzini Creazione siti web Firenze
  • Mazzeschi S.r.l. Project co-financed under Tuscany POR FESR 2014-2020