イタリアで不動産を購入

10月 21, 2019

イタリアの法律上、外国人による不動産の購入は許可されています。

イタリアでの不動産の購入のプロセスは難しいのか?

購入希望の不動産を特定してから約1-2カ月かかります。

通常、以下のステップが必要とされています。

  • 公証人を雇い、不動産の詳細をチェック
  • 予備契約にサイン
  • 公証人の立会いのもと売買契約書にサインし、不動産の価格と税金を支払う
  • 公証人が不動産を登録、転記した後残りの税金を支払う

イタリアで不動産を購入する際の必要書類

  • イタリアで有効な身分証明書
  • Codice Fiscale (イタリアの個人納税者番号)こちらは弊事務所が代理で取ることが可能です。

イタリアでの不動産購入の安全性について

法律上、イタリアでの不動産の購入は非常に安全とされております。公証人は政府の代理として行動し中立な立場保ちます。イタリアの公証人は、売主が不動産に対する完全な所有権を持ち、不動産の先取特権またはその他の負担がないこと、および建築や安全に関する規制に準拠していることを確認します。不動産の売契約に署名してデポジットを支払う前に、これらすべての検証を実行することが重要です。 公証人はデューデリジェンスの原則を基に行動する責任があるため、購入は安全とされています。

詳細についてはこちらまでお問い合わせください。

Yuu Shibata

Ph.D in Law at University of Bologna. She specializes in European Union Law and she is the Head of Japanese Desk. She is mother tongue Japanese and Spanish and speaks fluently Italian and English.

  • お問い合わせ

    初回コンサルティングをご希望の方は、連絡先の詳細をお知らせください。24時間以内(土/日、祝日を除く)に弊社の専門スタッフがご連絡いたします。

    フォームに記入する →
  • MAZZESCHI S.r.l. - C.F e P.IVA 01200160529 - Cap.Soc. 10.000 € I.V. - Reg. Imp. Siena 01200160529 - REA SI-128403 - Privacy Notice - Cookies Policy
    Copyright © 2019 by Mazzeschi - Web Designer Alessio Piazzini Creazione siti web Firenze
  • Mazzeschi S.r.l. | Operazione/Progetto finanziato nel quadro del POR FESR Toscana 2014-2020
    Il progetto ITACA (ITaly Attract ChinA) è un investimento nei paesi/mercati a lingua cinese, in particolare Taiwan con l’obiettivo di accrescere le quote di mercato dell'azienda. Tramite ITACA la Mazzeschi Srl ha aperto un ufficio a Taiwan con assunzione di personale di lingua cinese, creato un sito internet in lingua cinese e partecipato a fiere e varie attività di promozione a Taiwan.

    Mazzeschi S.r.l. | Project co-financed under Tuscany POR FESR 2014-2020
    The ITACA project (ITaly Attract ChinA) is a fund to invest in Chinese-speaking countries/markets, in particular Taiwan with the aim of increasing the company's market shares. With the help of ITACA project, Mazzeschi Srl has opened an office in Taiwan and has hired a Chinese-speaking staff, created a Chinese website and participated in fairs and various promotional activities in Taiwan.